イメージと合うドレスをレンタルするための素材研究

イメージと合うドレスをレンタルするための素材研究

女性

便利なレンタル

服を借りることができるなら、あまり着用する機会のない服は購入する必要がありませんので、節約になります。レンタルなので家にいながらにして適切な服選びができますので、手間が省けて便利です。

ドレス

特徴を見極める

レンタルですから、予約をして指定日時までに届けてもらうことになります。しかし、思ったようなイメージじゃない、これでは式の場では派手すぎるという印象を、届いてからもつことがあるのです。交換をすることも可能ですが、繁忙期はお目当てのドレスがない場合がありますので、素材とデザイン、サイズはよく見て選びましょう。

女性

スタンダードなサテン

どんな場でも着ていけるような、シンプルな素材が良いという方におすすめなのがサテン素材のドレスです。サテンだと光沢もありますし、ドレープにしたときの印影の付き方がなめらかなので、ドレスには打ってつけです。

ウーマン

レースやシフォン

他にも様々な素材がドレスには使われていますが、それぞれに取り扱い上の注意点があります。例えばレースは細かい糸やビーズが使われているので引っ掛かりやすいですし、シフォンだとシワになりやすいです。特に大きくほつれてしまうと弁償費用の対象となることもあるので、レンタル店の規定もよく読んでおきましょう。

レンタルでドレスを借りる際の利用の流れ

ドレス

申し込み

多くの人が利用するので、お目当てのドレスが予約されていることもあります。そのためまずお店に申し込んで問い合わせしなければなりません。店頭に出かけて試着することもできますし、通販でも試着サービスが利用できることがあります。

配送or受け取り

通販サイトなら指定日時に配送してくれます。お店によってコンビニ受け取りもできるので便利です。店頭で受け取ることもでき、あとは当日に着用するだけです。くれぐれも汚さないように注意しましょう。

返却

返却は決まった日時に行ないましょう。そのドレスが他の利用者に予約されている場合は延長ができないので注意です。予約時点で支払いが行なわれることが多いですが、遅れた場合は延長料金が発生することもあります。

広告募集中